このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. HOME
  2. コピー機選びのポイント

コピー機・複合機を選ぶ際に最も重要な事

コピー機・複合機はオフィスに無くてはならないものです。コストや機能も大事ですが、大事なビジネスをストップさせる訳には行きません。安心して任せられる会社から導入して、メンテナンスも一括で任せられる自社メンテナンス体制が重要!

ページトップ

コピー機・複合機の選び方 メーカー比較

おすすめのコピー機・複合機はどのメーカーが良いのでしょうか? 国内だけでも富士ゼロックス、キヤノン、リコーの3大メーカーをはじめ、コニカミノルタ、東芝テック、シャープ、ブラザー、京セラ等たくさんのメーカーから発売されております。 また、販売店は複数メーカーを扱う「併売店」、メーカーに特化した「専門店」があり、メンテナンス体制も「メーカーメンテナンスだから安心」、「自社メンテナンスだから安心」と・・・ 初期コストが安ければ良いのか?毎月のコピー料が安いほうが良いのか? 今回、オフィス用(業務用)コピー機・複合機は、どのメーカーを選べば良いのか?導入選定のポイントは?お悩み解決のために、ランキングやシェア、評判、おすすめ・・・様々な視点から比較してみました。

1位:リコー22.6%
2位:富士ゼロックス22.3%
3位:キヤノン21.9%
4位:シャープ8.6%
5位:コニカミノルタ7.4%
6位:ブラザー6.4%
7位:京セラドキュメントソリューションズ4.3%
上位3メーカーでシェアの2/3超を占めており、3メーカーともシェアの差はほとんどありません。(Source:IDC Japan)

●コピー機・複合機利用者の満足度アンケート

満足度アンケート(当社調べ)

1位:キヤノン、富士ゼロックス
3位:リコー
4位:コニカミノルタ
5位:シャープ
満足度アンケートに於いては、シェア上位3メーカーとコニカミノルタ、シャープ、他メーカーともにそれほど差は出ませんでした。

「とりあえずシェア上位の3メーカーにしておけば間違いない」と思っていたら、「3メーカー以外も満足度が高い」事がわかります。 では、何を基準に選定すれば良いのか?

そこで、コピー機・複合機を導入する際に「重要視しているポイント」を調べてみました。

●コピー機・複合機を導入する時に重視する点

コピー機・複合機を導入する時に重視する点

1位:機能
2位:サービスマン対応
3位:コスト
4位:営業対応 


以外にもコストよりも、機能とサービスマン対応が上位という結果でした。 

ステイプル止め、二つ折り、Z折り機能、PDF暗号化、内臓ハードディスクによるデータ共有や、どこのホームページでも最大◯◯割引きとかは当たり前となっており「コピー機・複合機は機能、コストはどこのメーカーも大差ない」と言われています。 

そうなると、コピー機・複合機の選定で重要な要素は「サービスマン対応」だという事がわかります。 
サービスマン対応とは、素早い対応はもちろんですが、営業とサービスマンが連動できている事が重要です。
 営業に伝えた事が、サービスマンにもしっかりと伝わっているか?
営業とサービスマンが連携できているか? 

つまり「自社メンテナンス体制」がある会社から導入する事が重要という事になります。 
確かに、営業、サービスマン、コールセンターが一体となっていると、自社の利用状況を常に 把握してもらえるので安心して使い続けられます。 

販売会社とメンテナンス会社が違う会社の場合、販売会社から導入後は「メーカーメンテナンス」になってしまうので「導入後のフォローは大丈夫なのか?」不安になってしまいます。

 併売店と専売店の違い 

例えば車ディーラーを想像した時、トヨタ、日産、ホンダの複数メーカーを取り扱っている併売店と、トヨタだけを取り扱っている専売店、どちらが安心できるかは聞くまでもないと思います。 

導入コスト面からも、専門店の方がメーカーとの繋がりが強いので、キヤノンならキヤノンだけ、リコーならリコーだけを取り扱っている専門店から導入する方がメリットが高いと思われます。

コピー機・複合機の購入ポイントで重要なのは、自社メンテナンス体制とメーカー専売店(専門店)が重要。メーカーメンテナンスと複数メーカー取り扱い店は危険。

 

ページトップ

リースとレンタルの違い

お客様にとって一番メリットのある契約方法をご提案いたします。(リース契約、レンタル契約、買取り、分割払い)

リース契約とレンタル契約は実は大きく違います

 

リース契約

レンタル契約

契約期間

長期(3年〜6年)

短期(1日以上)

機種

好みの機種を選択(新品)

レンタル会社の在庫中古品

所有者

リース会社

レンタル会社

中途解約

原則不可

契約内容による

契約終了後

リース会社に返却するか再リース契約

レンタル会社に返却

料金

リース利率より算出

リース契約と比べて長期の場合割高になる

その他にも、買い取りや分割払いで導入されるお客様もいらっしゃいます。
下に弊社お客様の契約方法をグラフにしてみました。
ご参照下さい。

弊社お客様の契約方法

ページトップ

ページトップ